2009年10月11日

第4回 ストップ・プルサーマルの会 川内村ソーラーのらやさん 報告&感想(いるか)

第4回ストプル会の報告を、いつもニコニコ・いるぱんでお馴染みイルカさんが書いてくれました。

Image216.jpg

ついに日本で初のプルサーマル計画が開始されることになりそうですね・・・
暗いニュースばかりですが、今こそ光を感じて生きていきましょう。

今回は川内村で独立型ソーラーシステムの販売をしている
のやらさんのところで
エネルギー自給の暮らしを見学させていただきました。

今回初参加されたのは、福島から
宇野さえこさん、中里見ひろしさんご夫妻といつきちゃんです
合計14名の参加となりました。

川内村は標高600メートル
原子力発電の鉄塔や送電線が目の前に迫るところ・・・
そこでソーラー発電と薪でエネルギー自給の暮らしを
覚悟を決めて実践している姿を見せていただきました。

のらやさんは、ご主人の坂上さん(てんさん)と奥様のちあきさん
お子様のふくちゃん、わこちゃんの4人暮らし

かわいらしい母屋の下には
薪が丁寧に積まれていて
ティピーの中のトイレ
太陽熱のお風呂
20年以上も使われているソーラーパネル
電化製品は洗濯機とコンピューターとCDデッキくらい
母屋の中はシンプルで物が少なく
足るを知る生活
子供達ものびのび〜としています。

お天気が良いと電気があまるそうです。
発電量が数値でわかるようになっていて
どれくらいの電気が使われたているのかも目に見える形になっています。
電気の消費量が電気代としてわかるのとは違います。

のらやのご主人”てんさん”が
わたしたちになげかけた言葉
「コンセントの向こうにあるものをイメージしてみて」
「自分の家の消費電力が何キロワットアワーなのかわかる?」

と聞かれ
答えられなかった自分に
電気を消費している生活が実際どんな風に自分が自覚しているのか
わかっていないことに気付かされました。

私は自覚が薄いままに電気を使う生活をしながら、
原子力発電に反対の立場を示しているのに
対して、のらやさんでは、電気を自然エネルギーで
最小限に使用して
反対という声はあげずに
生活として実践して姿としてみせてくれています。

帰りにのらやさんがぜひみんなに見て欲しいということで
風力発電の送電線の下まで連れて行ってくれました。
これがず〜ぅと東京までつづいているんだよ〜〜〜
木が伐採されています。そうなんです。日本中の送電線のしたは
木が切られているのです!!
しかも風力という自然エネルギーでもです・・・これはにはびっくりしてしまいました〜
写真がその様子です。

想像もつかないようなことが 実際には行われているのですね。

あと個人的に思ったのは
ソーラー発電については
製造過程でCO2がでて、それが耐用年数内にクリアにならないとか
使われなくなったパネルがゴミになったときに有害物質がのこるとか
様々な問題が指摘されています。
のらやさんのように、生活全体がシンプルであれば
トータルでみて
環境負荷がとても少ないのでは?
ものごとの一面を見て判断することはおかしなことなのだな〜
と今回気付かされました。

だからやっぱり
”自分の頭で考えて”
なんですね!!
町場で暮らす私達でも
自分達のやり方でより
エネルギーを楽しく有効に最小限に使う方法が
あるのではないかと思っています。

まずは自分の家の電化製品のワット数や
電力消費量を知ることから
初めてみたいと思いました。

今回は驚きとショックがじわじわと後からやってきて
なかなか文章にするまで時間がかかってしまったのですが
本当に参加できてよかったです。
企画してくださった類子さん
行かせてくださった克子さん
ありがとうございました。

やよいさんが
きれいな写真をアップしてくださったので
参加されなかったみなさまもイメージしやすかったと思います。
ありがとうございます^^

つたない報告で感想ばかりになってしまいましたが
また補足をよろしくお願いします。

 次回 第5回 ストップ・プルサーマルの会は
     6月10日 午後2時〜
     ”銀河のほとり”にて

 たくさんの参加をお待ちしています。         面川美歩(イルカ)
posted by 毎日がアースデイ♪ at 20:38| Comment(0) | ストップ!ぷるぷるプルサーマル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。